2017年08月01日

結婚はしない方が幸せなの?

手軽な出会い系サイトには良いところ悪いところがあります。利用者の弱みをうまく利用した、詐欺に巻き込まれることもあります。サイト上でのやりとりは普通でも、後に暴力をふるわれてしまうケースも少なくありません。

不倫相手を探しのために出会い系サイトを利用していることもあります。それとは逆に理想に近い相手に出会えた方もいらっしゃるので、出会い系サイトも使い方だと言えるでしょう。

リアル世界の婚活では、公務員は女性にとってポイントの高い職業ですが、仮想世界のネット上の出会い系サイトでもポイントの高い職業です。生涯のパートナーを探して、真面目に交際したいと願っている女性にとっては、収入や手当ての面で恵まれ、さらにローン優遇まである公務員は何をおいても結婚したいターゲットです。



ネット上の出会い系サイトはもちろん、リアルな現実世界でも人気の高い公務員ですが、相手に自分の情報をオープンに渡してしまうと、簡単に個人を割り出されてトラブルになりかねませんので、注意しましょう。
ネットの出会い系を通じて出会った相手とお互いを知り親しくなったけど、直接会うのはちょっと抵抗がある場合や、会いたくてもスケジュールが合わない場合もあります。

そんな時にお勧めなのが、スカイプで話してみてはどうでしょう。

スカイプは通話料無料でお金の心配もなく、何よりお互いに顔を見ながら話せるので、ふたりの距離がグッと縮まります。その際に注意点もあります。

それは自分の映像が録画され悪用される危険があるということです。
大切なのは、相手のことが信頼できるかの判断で、曖昧であれば顔は見せずにやり取りをした方が良いと思います。



いくつかの出会い系サイトの利用者の方々からは、サイトが原因の被害報告がなされており、その中でもとくに多く報告されているのは率直に「出会えない」ということです。

もちろん、利用者本人に責任があって出会えないというケースは被害とは言えないでしょう。ここで言う出会い系サイトの被害とは、システム上、誰とも出会えないようになっているのに、出会い系サイトを装っているサイトからの詐欺被害です。

具体的には、その女性登録者は全て実在しないサクラであるサイトや、人間が相手をすることすらなく、実はそのやりとりは機械の自動返信によるものであるというケースもあり、ただただ時間と費用が水の泡となるという被害報告もあります。
この間出会い系で仲良くなった相手とお会いしてみました。それまでにアプリでのやり取りで仲良くなってはいたものの、現実の相手と会うのは未経験だったので、大丈夫かどうか心配な部分がありました。


けれど、悪い予想とは全く違って、予想以上にいい人で、と充実したデートとなりました。

食事が美味しくオシャレな感じのお店でしたし、仕事の悩みや日常のささないな話まで話しても話したりず、アプリでの会話より何倍も楽しく感じました。今後もデートして仲良くしていきたいと思っていますし、出会いのきっかけとなったアプリにがあってよかったと思います。
できるだけ自分の個人情報は知られたくないと思うけれど、相手が好みのタイプなら連絡先は手に入れたいというのがほぼすべての利用者の本心ではないでしょうか。女性利用者は特に自分から連絡先を教えるようなことはほとんどありません。



相手が女性なのにしきりに連絡先を交換しようと言ってくるときは、女性と思わせて個人情報を聞き出そうとしている悪質な業者という場合があるのです。


心配しすぎだと思うかもしれませんが、そのぐらいの警戒心を持って利用したほうがちょうどよいと言えるでしょう。
ゆくゆくは結婚も視野に入れて出会い系サイトを利用している人も増加傾向にありますが、みんなが皆、真剣な交際目的で参加しているわけではないかも知れませんので気をつけねばなりません。たとえば、既婚者であるのに遊び相手を探しているだけの人や手に入れた個人情報を第三者に転売する目的の人もいたりするので上手い話に乗らないように普段から意識して対応するべきでしょう。


そして男性の利用者ですらトラブルに巻き込まれる可能性があるので女性の利用者であるならばなおさらです。

同じバーに偶然居合わせた二人が運命的に出会うといったシーンはうらやましく聞こえてしまいますが、こんな運命的な出会いをするカップルは多くなさそうです。たまたまそんな機会があったとしてもコミュニケーションをとる機会が生まれるかどうかは別問題です。その点出会い系サイトを利用した場合にはいつもなら異性と積極的に交流できないという人もまずはメールや文章でコミュニケーションが取れるので、自分のペースで相手を探せることでしょう。
本当にエッチできるサイト
posted by 周防 at 15:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: